やらないほうがよい事 - ヤフオク出品入門

やらないほうがよい事

やってはいけない事(禁止事項)はヤフーサイトに沢山でていますので、ここではやると自分の首を絞めることになることをいくつか書いておきます。

一度に大量出品
オークション終了後の手間暇が膨大になって、かえって発送作業ががさつになったり、落札者に心配をかけることにもつながるので、できるだけ小出しに出品する。
転売
たまたま安く落札したもの、あるいはどこかの店舗で大安売りしていたものを買ってきて自ら再び儲けのために出品する人がいますが、 大して儲けにはなりません。きっとわざわざ並んだ労力などの費用を考えれば儲けは微々たるものでしょう。 世の中そんなに甘くないです。もちろん汚れた中古品や故障した中古品をヤフオクで落札し、 それを清掃し、故障を直したものであれば、それはそういった付加価値がついたものですから転売ではなく、中古再生品として数倍の値段で売れることもありますし、 それはむしろリサイクルという世の中の流れを考えれば良いことです。
ノークレーム・ノーリターン(NC、NR)
ノークレームノーリターンは以前は嫌われる言葉でしたが、今はだいぶ浸透しているようです。出品者がこの言葉を使うのは、その意味のとおり、クレームは言うな、返品はお断り、ということを伝えるためです。ただ書いてあることと違うときなどは除く、というのが通例のようです。しかしながら「責任放棄」を言い換えたような言葉であり、真摯な対応が望めない出品者ともとられますので、あまり使わないほうが良いでしょう。 NC/NRの文字を見ただけで、入札しない人もまだまだ沢山います。回りくどくならないように、同様の意味のことを丁寧に書いたほうが印象は良くなります。
ジャンクということば
あるカテゴリー(特に電気製品やカメラなどの機械物)では頻繁に使われている「ジャンク」という言葉ですが、意味の取り違いによりトラブルの種になっています。ヤフオクでもジャンクという言葉を定義しているわけではないので、出品者と落札者のジャンク違いで、たまにトラブルになります。この言葉もNC/NRと同じで、出品物に対する責任放棄的(多くの人は出品物の動作チェックなどをしていないときに使うようです) な意味ですので、できるだけ使わないほうが無難です。ジャンク= junkであり、英語の辞書にも意味は出ていますが、オークションの場にはそんなことは通用しない人が大多数だと考えていてください。