ヤフオク出品へのまえがき - ヤフオク出品入門

ヤフオク出品へのまえがき

ネットオークションと言えばヤフーオークション(以下ヤフオク)というくらい日本では一般的です。海外ではebayが主流ですが、英語の壁は厚く、日本ではヤフオクが中心です。

オークションですから、一番高い値段を付けた人...つまり高額で入札した人が手に入れるわけです。競合する入札者の顔が見えないこともあり、人気商品への入札では多くの人は理性を忘れて予定外の高額で落札してしまいます。

ところでヤフオクで買い物を楽しんだ人はいますか?たぶん多くの人が何かしら買ったことがあると思います。私も1000を超える品物を購入しました。日用品、趣味のもの、古本、家電...とても幅広いカテゴリーの品物を購入しています。また、掘り出し物、お宝を探して1日をつぶすことのある人も沢山いるのではないかと思います。

逆にヤフオクで出品したことがある人はいますか? おそらく沢山いそうで、そんなに多くは無いでしょう。 出品は手間もかかるし、発送も大変、さらに見ず知らずの人にものを売る行為そのものに抵抗がある...という先入観からだろうと思います。また出品はしたけど自分の考えていた値段とはかけ離れた安い値段で落札された経験のある人も多いと思います。

「なんでこんなに安くなったんだろう」と思ったことでしょう。 でも物を売る、つまり場はオークションでも、店で物を売る、ネットショップで物を売る、それと同じ「仕事」と考えてみてください。一般の店舗が商売するのに、商品を興味をもって見てもらい、買ってもらえるように陳列し、説明文を補足する...さらに広告宣伝費を使い、積極的に売り込む行動をします。それらはネットショップでも同様です。見栄えの良い写真を用意し、手に取れないものをあたかも手にしてもらったかのような丁寧な説明文を掲載し、広告を出す...積極的に売り込む行動は同じです。

中古であれば品物を清掃・整備し、陳列する...通販なら写真を沢山撮って、そのなかから良い写真で宣伝して陳列します。通販なら発送にも手を抜かない。このように努力を惜しまない仕事と同じように、努力を惜しまないでオークションで出品した人と、同じ商品でもただ携帯のカメラでパチリのボケボケ写真と1行程度の説明で同じものが同じ値段で売れるわけがありません。

そしてヤフオクでは出品者の評価というのもあります。「非常によい出品者」という評価だけが500、1000もあって、「悪い」や「どちらでもない」が1つも無い人の品物はもっと高く売れます。その評価こそがその出品者の長い努力の成果でもあるわけです。

ということでそのような優秀な出品者になるための心構えとテクニックを惜しみなく公開します。ぜひ参考にしてみてください。もちろんオークションに参加すること自体に二の足を踏んでいる人も、ぜひこれを読んで、不用品をゴミではなく、リサイクルにもなるオークションで出品してみましょう。

Yahoo!オークションでは適宜出品や落札のルールの細かい変更が行われています。しばらくぶりの出品や、初めて出品する人はYahoo!オークションサイトのお知らせ部分を含め、ルールをよく把握してから参加してください。これは落札者側も同じです。

このサイトに書いてあることが最良と言うわけではありません。出品経験のある人なら独自のノウハウもあることと思いますので、その点はご了解ください。内容はあくまでも私個人の経験から得たノウハウの公開です。また、本サイトに沿ってオークションに参加して万が一被害を被った場合でも、本サイト管理人は一切その責任を負いませんので、オークション参加は各個人の判断、責任のもと行っていただくよう、よろしくお願いします。